スタッフブログ

贈与税の非課税措置

 

こんにちは、長谷川です。

今日は「贈与税の非課税措置」についてお知らせします。

 

これは、平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に

父母や祖父母など直系専属からの贈与により、家屋の新築

若しくは増改築のための金銭を取得した場合おいて、

贈与税が非課税になる「特例措置」のことです。

 

詳しくはこちら→贈与税の非課税措置

 

簡単にいうと、住宅の取得や増改築(リフォーム)などの資金を直系家族が

出してあげた場合、ある決まった金額までは非課税にするという制度です。

 

24年から3年間の「特例措置」で今年26年12月31日をもって終了します。

非課税枠は以下の通りとなります。

 

24年度→1500万円(1000万円)

25年度→1200万円(700万円)

26年度→1000万円(500万円)

※省エネ性又は耐震性を満たす住宅(左記以外の住宅)

 

 また贈与を受け取るものは「相続時清算課税」か「暦年課税」を

選択しなければなりません。

 

・相続時清算課税

これは父母のみからの贈与が対象で、

26年度非課税枠 1000万円(500万円)+特別控除額 2500万円=3500万円(3000万円)

上記の金額が非課税となりますが、相続時に清算する

 

・暦年課税

これは父母、祖父母など直系家族からの贈与も対象となり

26年度非課税枠 1000万円(500万円)+基礎控除額 110万円=1110万円(610万円)

上記の金額が非課税となり、贈与を受けたときに清算する方法

 

こう書くとわかりづらいので、簡単に整理してみます。

 

・相続時清算課税→3500万円まで父母から贈与を受けても非課税

         ただし、相続時に相続財産と合算して清算する仕組み

 

・暦年課税→1100万までは父母や祖父母から贈与を受けても非課税

      贈与の年に清算、相続財産とは関係なし

 

相続税の話をすると、非常に混乱してしまうのでここでは省きますが

相続財産とは無関係で今年の12月31日までは1110万円が非課税ということです。

それ以上の贈与になる場合は、どちらかを選択することになりますが

ある程度の資産家でなければ、相続時清算課税を選ぶのがよいでしょう。

 

どちらにしても、今年の12月31日までに贈与すれば1000万円(500万円)

非課税枠が増えることになります。

 

お子様やお孫様に住宅の新築やリフォームをお考えであれば、

是非この機会を見逃さず、有効にご利用ください。

また、来年27年10月1日より消費税も10%になる見込みです。

その意味でも贈与するには今はとても良い条件と言えるでしょう。

 

ただし、ここでの問題点が一つあります。

特別控除を受ける「適用要件」に以下の項目があります。

 

「贈与の翌年3月15日までに住宅の引渡を受け、同日までに居住していること、

又は居住することが確実であると見込まれていること」

 

具体的にいうと、

「来年27年3月15日までに工事の引渡し受けて、12月31日までに住み始める」

ということになります。

 

そうすると、土地やプラン作成・金額確定、工事期間などを考えると

かなり時間は切迫して来ていることになります。

(※新築かリフォーム、また規模によって時期は変わってきます)

 

是非この機会を見逃さずに、ホーム創建までご相談ください。

 

また、ご質問や更に詳しくお知りになりたい方はご気軽に

長谷川までお問合せください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

ありがとうございました!

 

なるほどリフォームセット無料プレゼント メールで無料お見積り

WEB限定セット

「なるほどリフォームセット」
無料プレゼント!

リフォーム・リノベーションに関する役に立つ情報が満載の資料セットです。リフォームへの第一歩として、お気軽にお申し込み下さい。

無料プレゼントはこちら

どれくらい費用がかかるの?

メールで無料お見積り

「とりあえず、どれくらい費用がかかるのか知りたい!」という方へ。
5分程度の入力で出来る簡易お見積りです。
お見積り後の無理な売り込みは絶対にしませんのでご安心下さい(3つの約束)。

無料のお見積りはこちら