スタッフブログ

リノベーション工事

築36年の住宅を調査

リノベーション工事を行うにあたり、建物の現地調査を行いました。

外回りの状況、工事を行うに際して問題点がないかを確認します。

CIMG5950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事する際に解体材や、工事で使用する資材を置くスペースも十分にある事が確認出来ました。

 

次に中の状況確認と、各所寸法確認を行います。

CIMG5972

CIMG5980

玄関の上り框の高さなど、段差のある場所の寸法などを主にチェックします。

今回のリノベーションでは解体してしまう階段、位置関係の確認も行います。

 

最近では少ない作り付けの浴室、タイル張りでスノコもしっかりと敷いてあります。

今回はユニットバスに交換するので、この浴室も撤去してしまいます。

CIMG5984

 

新たに現状の図面を描く為に、各部屋の細かい寸法もチェックしました。

特に今回は、和室が長押(なげし)や床柱など、純和風の作りで私自身感動しました。

最近は施工の都合上、このような和室を作る事が難しくなっているのが現状です。

CIMG6016 CIMG6052

和室自体は大きさを変えずにリフォームを行う事になりました。

今回仏間が奥まっていて、仏壇が使いにくいとの事でしたので、床の間と仏間を押入れのラインと揃えて使いやすくリフォームを行います。

 

現地調査で色々な事が分りましたが、リフォーム工事は実際に建物を解体して中身を見るまでは分らない事だらけなのです。

 

次回は解体工事の状況をアップします!

 

 

 

 

 

 

 

ブログ再開します!

年末年始は除雪三昧!!

 

リフォームブログ閲覧の皆様、ブログ更新が長らく無かったことをお詫び申し上げます。

昨年の暮れは、高熱で寝込みインフルエンザ疑惑もありと、とにかくバタバタしてました。

年越し前に大雪が降り除雪の日々が続いていました。

IMG_0725

IMG_0726

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近は写真の除雪機が相棒的な存在になっております、手で除雪する事を考えたら非常に楽なもんです。

 

先日除雪した現場で作った「ゆきだるまん」です。

IMG_0789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキー場以外に雪降らないでほしいですね!

 

現在進行中のリフォーム現場のご紹介も随時していきます、宜しくお願い致します★

 

 

 

 

外構リフォーム

玄関前のアスファルトをきれいにリフォーム

今回は、家の前のアスファルトが長い年月を経てデコボコになってしまい見栄えが悪くなったのと、通路部分の拡張をしたいという事でアスファルト舗装工事をやりました。

IMG_0017

CIMG5670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5666

 

 

 

 

 

 

 

 

もともとのアスファルトをショベルカーでめくり、アスファルト下の砂利を入れ替えました。

冬になると凍結で盛り上がる恐れがあるので、アスファルト下の砂利入れ工事はとても重要なのです。

CIMG6194 CIMG6192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスファルト舗装を行いとてもきれいな状態になりました、以前よりも通路も広くなり車も停めやすくなりました。

CIMG62 08

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6209

CIMG6210

 

 

 

 

 

 

 

 

車庫も年数が経っていたので,至る所に不具合が出ていました。

シャッターが開けにくくなってたりと、入れ替えるには良いタイミングだったと思います。

CIMG5668

CIMG5677


 

 

 

 

 

CIMG5678

今回は車庫を新しくする際に、床コンクリート部分も少し広げる工事を行いました。

IMG_0539

そしてコンクリートの上に,車庫の部材を少しずつ組み立てていきました。

IMG_0546 IMG_0544

組立自体は1日作業で終わりました。

車庫

 

CIMG6428 CIMG6427

 

 

 

 

 

 

 

物置も設置しました、車庫と物置の横幅を合わせているので、見栄え的にも良かったと思います。

 

外構リフォームは、天気さえ問題なければ3~7日くらいで終わります。

お客様の負担が軽くなるように、協力業者様には精一杯がんばってもらいました。

 

カーポート・ガレージ ・物置 の設置工事承っております。

舗装工事や庭工事についても、ご検討されている方がいらっしゃいましたら是非お声掛け下さい!

屋根・外壁のリフォーム

塗装が剥離したモルタル壁を 美しくリフォーム

先日紹介したお客様のお宅で、屋根・外壁改修工事を行いました。

まず屋根は、既存の屋根の上に新たな屋根を葺く「カバー工法」で改修し、外壁はモルタル壁の上に新たに下地を施し樹脂サイディングを張るという工事でした。

写真は施工前の建物の状態です。

 

CIMG5652

CIMG5653
CIMG5669

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5654

CIMG5655

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物は築年数もかなり経っており、改修のやり応えがあるものでした。

 

着工時に足場を組み立て、屋根板金の改修工事を先行して行いました。

この時期は丁度雨の多い週で、天気の状態を見ながら工事の方を進めました。

IMG_0454

 

 

 

 

 

 

 

 

次に玄関ドアを交換する工事ですが、既存写真を見て頂ければ何となく分ると思いますが、既存の玄関ドアの枠以外は全て撤去し、既存の枠の上に新しいドア枠を設置する事の出来る「リフォームドア」という物を採用しています。

玄関ドアの交換だけでも実質的には半日くらいで出来てしますのです。

ドアの断熱性、デザイン性も良くなり、これだけでも少し雰囲気が変わりました!

IMG_0448

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0447

IMG_0449

玄関ドアも設置が終わり、樹脂サイディングを設置する作業に移り、既存外壁に木下地を施工し、樹脂サイディングを取付けていきます。

今回は腰壁の部分にモルタルで意匠的な模様が施されていた為に、下地の厚さを調整しながら工事を進めていきました。

こちらも天候に左右されながらも何とか順調に進める事が出来ました。

 CIMG6091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6094

CIMG6093

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回サイディング工事を進めるにあたり大変だったのが、2階のベランダ部分でした。

スノコを設置するために、スノコ受けの金物が外壁のモルタルに固定してる為に一度撤去する事にしました。

屋根の板金は水の浸入を防ぐために、壁の中にL字で立ち上げ納めています。

この立ち上げた板金に金物を固定する為に穴を空ける事は自滅行為と一緒で、水の進入路をわざわざ作るような事になります。

CIMG5873

 

 

 

 CIMG5876 CIMG5874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、今回は屋根の上に受け金物を置いて、その上に新築でも採用している樹脂タイプのスノコを設置しました。

手摺も支柱を立てて固定するには穴を空ける必要性があったので、樹脂スノコの上に支柱を固定し、手摺は両サイドの壁に固定をする事でクリアしました!

納まりも良くなり、以前の鉄骨と異形鉄筋で製作した手摺に比べてとてもスマートになりました。

CIMG6197

CIMG6199

 

 





 

 

CIMG6200

CIMG6198

屋根外壁工事は無事に完了し、建物も以前に比べて見違えるくらいきれいになりました。

樹脂サイディングで既存の外壁も保護されているので、建物自体も耐久性がかなり良くなったと思います。

お客様にも大変喜んで頂き、今回もとても良い出来だったのではないかと感じています。

CIMG6202

 

CIMG6204

CIMG6203

 

今回サッシの交換は行っていないのですが、断熱改修サッシ交換を併せて施工できると建物の自体の性能も飛躍的に向上しますので、是非お悩みのある方がいらっしゃいましたらご相談下さい!!

 

次回はカーポートと物置、アスファルト舗装改修工事をご紹介します、お楽しみに★

キッチンのリフォーム

サイズが合えばキッチンも楽々入替

先日のブログでトイレ改修をさせて頂いたお客様のお宅で、キッチンの入替工事を行いました。

既存のキッチンはタカラスタンダードの商品ですが、以前交換されてから年数もかなり経っていて、レンジフードの周りも状態が悪く、交換にはちょうど良いタイミングだったのかなと思われます。

CIMG5887 CIMG5886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁もタイル仕上げで、目地の清掃等もかなり手間だったそうです。

ガスコンロもキッチンの天板に埋め込み型では無いので、手入れも結構大変です。

 

今回は現行のタカラスタンダードのキッチンに入れ替える事となりました。

お客様の希望で、ガスコンロをやめてIHヒーターに変える事に、手入れの楽さと年配のお母さんをご配慮されての選択でした。

IMG_0506

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0503

キッチンの解体状況です、今回はリフォーム課 メンテナンス担当の成田工務課期待のイケメン小野寺私 小島の三人で撤去を行いました。

 

撤去の方もすぐに終わり、キッチンを搬出した段階で成田の本領発揮が始まりました!

IMG_0518

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0522

 

 

 

IMG_0521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撤去から組み立てまでで、約2日で終わらせ、最後は仕上げの壁紙工事と防水工事(コーキング処理)を完了させ、完成まで3日の工事となりましたま。

IMG_0527

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はタイルの壁から、キッチンパネルに変更しているので、手入れがとても楽になっています。

若干分りにくいですが、手元灯の下くらいにコンセントを1ヵ所追加しました、これでワークスペースでのキッチンウェアを使用した作業も出来るので、作業性はかなり良くなっています。

 

IMG_0528

 

キッチンを入れ替えただけですが、こんなにも台所が明るくなりました。

お客様にも満足して頂き、大変やりがいのある工事になりました。

「かゆいところに手の届くリフォーム工事」をこれからもやって行きたいと思います。

 

次回は外壁のリフォーム工事を紹介致します★

トイレのリフォーム

階段裏をスペースを利用したレイアウト

最近の新築の建物では、トイレもゆったりした空間が多いと思いますが、30年も40年も前の建物だとコンパクトと言うよりも狭いスペースのトイレが多かったように思います。

今回のリフォームのお客様も、お母さんがご高齢という事もあり、若干スペースに余裕のあるトイレにしたいとの事でした。

IMG_0009

IMG_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は狭いうえに、階段裏と絡んでいるので、天井の形状も一部斜めになっていました。

かなりスペース的には条件が厳しい感じでした。

CIMG5883

CIMG5882

 

 

畳1畳分のスペースに階段裏の影響で斜天になっています。

IMG_0013

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は階段裏 収納部分を活かして、便器のレイアウトを変える工事となりました。

写真の扉は階段裏収納の扉なのですが、この部分を新たなトイレスペースの一部として利用しました。

 

工事中の様子ですが、まずは既存の便器等々を撤去しました。

IMG_0453

 

 

 

 

 

 

 

 

向かって左側 (階段裏収納スペース) の壁を解体して、新たな壁・床を造作しました。

IMG_0477

IMG_0480

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0479

IMG_0476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はトイレの後部に、ホーム創建 新築工事でもお馴染みの収納スペースを作りました。

 

トイレのドアノブも握力が弱くなってきている事も考慮し、鍵付きレバータイプの物と交換しました。

IMG_8880

IMG_8878

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ工事も完了し、とても満足して頂けるスペースに改修できました。

今回は便器のレイアウトの変更と共に、スリムタイプの手洗い器の設置と、止水栓が有ったのですがスペース的に邪魔をするので、フロアハンドルに交換しています。

IMG_8875

 

今回は階段裏のスペースを有効的に使えたので、以前よりも使い勝手も良くなったのかなと思います。

IMG_8874

 

 

 

 

 




便器後ろの収納スペースもスッキリしていて、小スペースながらも使いやすいものになったのかなと思います。

IMG_8877

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレ工事も条件さえ整えば、かなり自由にレイアウトを変えていく事が可能です。

使い勝手が悪くてお悩みの方いらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

 

今回はトイレの改修工事をアップしましたが、キッチン改修と屋根・外壁工事も並行して行っているお客様ですので、次回以降紹介致します!!

本日はリフォームイベント初日でした!!

ちょっと贅沢な 平屋リノベーション

私が入社してから、本日が初のリフォーム工事の公開イベントでした。

 

今回の工事にはほとんど関わってはいないのですが、既設の建物の現地調査で伺っていたので、建物の変わり映えにはとても驚いています。

 

外観に関しては長谷川ブログを参照してくださいw

IMG_0483 IMG_0484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンのカウンター等々の雰囲気も、カフェに近いようなオシャレな感じになっていました。

正面のカウンター周りは、ペンダントライトとモザイクタイルでとても良い雰囲気が出ています。

キッチンのスペースも広く取ってあり、作業性はとても良くなってますので、是非体験してみて下さい★

 

IMG_0485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレはTOTOのネオレストを使用してました、背面の収納スペース新築工事でもお馴染みの仕様になっています。

手洗い器と水栓蛇口は造作しており、飲食店のトイレを思わすような高級なイメージを漂わしています。

 

本日は30組のお客様にご来場頂き、とても賑やかな初日となりました。

 

明日も見学会行っていますので、皆様是非ご来場頂ければと思います。

リノベーション・新築に関わらず参考になる部分が結構ありますので、ご検討中又は計画を進められているお客様は是非、見て・触れて・感じて頂ければ視野が一段と広がるのかなと思います★

 

明日も宜しくお願い致します!!

 

 

余談ですが、見学会が終わり帰社する途中の十勝大橋からの景色です。

山の手の輪郭がハッキリしていて、赤と青のコントラストが非常にキレイだったので撮影しました。

少しずつ冬に近づいていってるなと実感した今日この頃です(笑)

IMG_0490

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も見学会 張り切って頑張ります★

 

帯広市 住宅リフォーム助成で工事を行いました!

帯広市のリフォーム助成制度 利用のリフォーム工事

先月のお話になりますが、第2回 帯広市住宅リフォーム助成制度の抽選にお客様が当たり、工事の方を行いました。

画像 007

 

 

 

 

 

 

 

 

既存の引違い窓では、若干の冷気が入ってくるという事で、内窓取付の工事を行いました。

CIMG5859

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5860

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し分りにくいと思いますが、既存の窓枠の内側に新たな樹脂サッシの枠を取り付けて、引違の内窓を設置する工事を行っています。

既存の窓の内側に窓を付ける事で、断熱効果も上がりますし、冷気等のシャットアウトも出来ます。

今回4か所内窓を取り付けたのですが、工事自体は約半日くらいで完了してます。

短時間の改修で家が暖かくなるのは嬉しいですよね★

 

帯広市の住宅リフォーム助成制度は毎年2回行われています。

今年の開催は以下の通りでした。

第1回募集(100件)
平成26年5月7日(水)から5月16日(金)まで
第2回募集(100件)
平成26年7月14日(月)から7月25日(金)まで

来年も同時期に開催されると思いますので、住宅リフォームの助成を受けられたい方は条件もありますので、是非お問い合わせください。

リフォームh所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内窓のリフォーム工事も終わり、申請書類を作成しました。

 

CIMG5863

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人で申請書類を作成するのは結構手間で、住宅リフォーム補助申請を提出してから抽選が行われ、当選後工事を行い、完了後に完了申請と施工完了写真の書類を提出して補助を受けられるといった流れになっています。

何回も抽選に参加して今回の様に当選されたお客様もいるので、めげずに抽選に参加し続けるのも一つの方法なのかなと改めて感じました。

 

詳しくはこちらへ→帯広市住宅リフォーム補助HP

 

年数経った基礎塗装もきれいにリフォーム!

基礎廻りの左官補修と塗装工事で美しく

先日お引渡しした現場ですが、以前は左官と塗装の補修した後が結構目立っていました。

玄関先の一番見えるところで、お客様ももう少し早く直したかったと言われてました。

CIMG5691CIMG5693

 

北側のベランダ部分は雨垂れが当たるようで、ベランダのコンクリート・モルタル部分もヒビが入っていたり、剥離しかけている状態でした。

灯油タンク・鉄骨手摺も同様にサビていたりと、結構悩ましい状態でした。

CIMG5685

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5682

CIMG5697

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ヒビが入って浮いている部分は撤去して、左官補修を行いました。

CIMG5894

 



 

 

 

 

 

 

左官補修完了後に、塗装の乗りを良くする為に、プライマーという材料を塗布しました。

写真でいうところの赤い部分がそうです。

CIMG5892

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に仕上げ塗装を行い完了!

CIMG5906 CIMG5907 CIMG5908 CIMG5911 CIMG5912

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎の塗装や鉄部の塗装は剥がれやすいので、10年を一つの目途として補修やメンテナンスをする事をお勧めします★

ちょっとした手入れをするだけでも、後に大きな工事費が掛かるような事にはならないので、出来る限り小まめに建物をメンテナンスする事が長持ちに繋がっていくのかなと思います!

 

是非補修やメンテナンスの事でお悩みの事が有りましたら、弊社にご連絡下さい。

なるほどリフォームセット無料プレゼント メールで無料お見積り

WEB限定セット

「なるほどリフォームセット」
無料プレゼント!

リフォーム・リノベーションに関する役に立つ情報が満載の資料セットです。リフォームへの第一歩として、お気軽にお申し込み下さい。

無料プレゼントはこちら

どれくらい費用がかかるの?

メールで無料お見積り

「とりあえず、どれくらい費用がかかるのか知りたい!」という方へ。
5分程度の入力で出来る簡易お見積りです。
お見積り後の無理な売り込みは絶対にしませんのでご安心下さい(3つの約束)。

無料のお見積りはこちら