震災

皆さんこんにちは。

設計課の片岡です。

前回のブログで山下さんが震災のことについて書いていましたが、私も震災のことについて書きたいと思います。

 

地震発生から一週間が経ちましたが、現在も避難生活を余儀なくされている方が多くいます。

皆さんが一日も早く、いつもの生活に戻れることを祈っています。

 

私は今回の震災で直接的な被害は受けていないものの、大規模な停電を経験して多くのことを学びました。

停電ということで、多くのお店が大打撃を受けている中で、お客様のためにという思いで営業を続けているお店が多くありました。なかには周りが暗くなった夜でも、ロウソクの火を頼りに営業を続けているお店もあり、とてもありがたいことだと思いました。

また、お店で働く従業員の皆さんも、家のことや家族のことなど、心配なことがたくさんあったと思いますが、そんな中でも営業を続けてくださっているのは、決して当たり前なことではないと思いました。

周囲の人や物に感謝の気持ちを持ち、普段から災害に備えておくことが大切だと学びました。

今回の震災から学んだことを忘れずに、日々の生活を送っていきたいと思います。

 

以上、設計課の片岡でした。