ホーム創建のここが不思議!

どうも、最近できる仕事が増えて社会人しているなぁ感じている大森です。

今回はホーム創建のちょっとした不思議を話したいと思います。

といってもここしか知らない僕はあまり不思議と感じるものは少ないのですが……。しょうもないですが、ちょっと不思議だなぁと思うことがあります。

 

それはカレンダーの多さです。

 

どこの会社にもカレンダーは絶対にあると思いますが、目立つところに2.3個飾ってあったり、個人のところに卓上カレンダーを置くのが、僕の会社のイメージでした。けれど、ホーム創建では卓上のカレンダーは置いている人が少なく、代わりかどうかは分かりませんが、壁掛けのカレンダーがとても多いんです。

僕が所属している設計課の席だけでも5個は飾ってあります。普通のカレンダーや日めくりカレンダーがあり、日めくりカレンダーの方は文が書かれているものがあります。今日書かれている文を一つ紹介します。

 

『気づいて、行動。真っすぐに進む
チャンスは再び巡ってこない。
この一瞬の閃きを活かすには、今すぐ始めて、やり抜こう。』

 

このような文が書かれているカレンダーがたくさんあります。こんなにたくさんカレンダーがあるのなら予定が書かれているのでは?と思うかもしれませんが、そうでもありません。どのカレンダーも予定を書き込むスペースがありません。

なぜならスケジュール管理はパソコンや個人の手帳で行っているからです。まぁ普通のことですね。

パソコンや手帳で管理するので、特に予定を記入しないカレンダー。ならなぜ飾っているカレンダーが多いのだろう、少しくらい減っても大丈夫なのではないかなぁとふと思いました。

しょうもない不思議ですが、他の人からしてみればもっと不思議な部分があるのかもしれません。そういったことを聞いてみるのも面白いかもですね。

では、また次回の投稿まで見てもらったら幸いです。   以上大森でした。